キーワードは「価格」と「安心」!狭小地住宅を考える

HOME » 狭小地に強い!任せて安心な住宅会社 » パナホーム

パナホーム

このページでは、狭小地住宅を手がけるハウスメーカー、パナホームを紹介します。

パナホームとは

パナホームは、パナソニックグループの住宅総合メーカーです。狭小地でも強度を確保してくれる重量鉄骨による柱勝ちラーメン構造に、工場生産のカーテンウォールを利用するのが特徴的で、狭小地であっても、短い工期ながらワイドスパンや自由な間取りが可能です。

パナソニックグループらしく、インテリアや設備の多くはパナソニックを取り入れることを進められることが多いようです。坪単価は70万〜80万と少々割高です。

狭小地に強い住宅会社ランキングをチェック>>

パナホームの狭小地での施工例

パナホームの狭小地住宅の施工例はありませんでしたが、都市向け狭小向け住宅商品として、Vieuno(ビューノ)という商品を展開しています。

この商品は、工業化住宅では日本では最高の7階建てまで可能にしています。狭小地での賃貸併用、店舗併用住宅を考える方にはぴったりかもしれませんね。

パナホームで建てたオーナーさんの声をチェック

二年前にパナホームの営業さんに出会えたことで、理想の家づくりができました。おかげで狭小地であっても快適なマイホーム生活を送っています。

全体的には満足していますが、全戸標準装備の換気システムがちょっと……。ほかのメーカーさんに比べると見劣りするような気がします。それ以外はとても良いので、選べるようになるといいですね。

狭小地の屋根を上手く使い、一面の太陽光パネル、HEMSを取り入れたスマートハウスにしました。毎日エコに暮らせるのも良いですし、何かあった時に自宅に発電システムがあると良いのではと思っています。

パナホーム株式会社
創業 昭和38年
資本金 284億円

所在地(本社)

大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
 
狭小地に安心・こだわりの家を建てるためのサイト