キーワードは「価格」と「安心」!狭小地住宅を考える

HOME » 狭小地に強い!任せて安心な住宅会社 » へーベルハウス

へーベルハウス

このページでは、狭小地のハウスメーカーの中から、ヘーベルハウスを紹介します。

ヘーベルハウスとは

ヘーベルハウスは、旭化成グループのハウスメーカーです。

創業当初から都市部での住宅に取り組んでおり、狭小地の住宅の施工事例も多いようです。一番の特長は、その名もヘーベルという軽量気泡コンクリート。この建材を床や屋根、外壁に使っています。特に、構造の部分にはこの軽量気泡コンクリートに鉄骨を埋め込むことで強度を確保。

地震の多い日本で、縦長に作らざるを得ない狭小地住宅の耐震性を高めています。坪単価は、公式サイトでは公表されていませんが口コミなどを見ると、およそ70万〜80万円ということが多いようです。

狭小地に強い住宅会社ランキングをチェック>>

ヘーベルハウスの狭小地での施工例

細長い狭小地を活かした3階建て住宅

へーベルハウスの施工例の画像 狭小地ながら、水回りを3階に集め、2階に21畳という大きなリビングを構えた3階建て。
重量鉄骨を用いた大空間が特長で、狭さを全く感じさせません。細長い立地を活かすべく、家の真ん中に階段を置くというアイデアも◎。

18坪の狭小地を広く感じさせる2LDK

へーベルハウスの施工例の画像 LDKは、3階フロア全てを使って19畳の大空間に。
寝室と水廻りは2階にまとめ、1階和室の床下は収納を設けるなど、段差を上手に活かして、限られた土地をフル活用し、狭さを感じさせない家に仕上げました。

ヘーベルハウスで建てたオーナーさんの声をチェック

ヘーベルハウスの営業さんはとにかく熱心というのが印象的です。たまたま女性の方が設計してくださったので、主婦の動線を理解してくださり納得のいくものになりました。アフターサービスも決まった年度に来てくれるというのがありがたいです。

耐震性に評価があるということ、阪神や東日本大震災での倒壊が少なかったことから、選びました。注文住宅というよりはあるものを組み合わせるタイプの家造りですが、狭小地を広く使いたいですし、四角いスタイリッシュな家が好きだったので、イメージにあう家になりまいsた。。

建築家の友人が、基礎・構造・材質、金額など、すべてにおいて信頼のおけるメーカーだと言っていました。プロから見てもよい家というのは信頼できそうです。

へーベルハウス
創業 昭和47年 11月
資本金 32.5億円
所在地(本部) 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
 
狭小地に安心・こだわりの家を建てるためのサイト