キーワードは「価格」と「安心」!狭小地住宅を考える

HOME » 特徴的な住宅施工例集【狭小住宅編】

特徴的な住宅施工例集【狭小住宅編】

ここでは、住宅施工例集を見るべき理由について解説します。

狭小住宅こそ、施工事例をたくさんチェック

一般的に狭小地は土地の形が一定ではなく、変型地なども多いものです。

そのため、完全注文住宅や商品からの間取り変更などを行うケースが多く、他の事例がそのまま利用できるケースは少ないと言えます。

けれども、狭小住宅こそ、先輩オーナーの事例をたくさん見て、イメージを固めて希望を伝える必要があるのです。

1.まねしたい工夫やアイデアを知る

たとえば、階段下にトイレを配置する、中二階を設けて大きなクローゼット兼物置にする、リビングに1段高い畳コーナーを作って、下に収納を入れる、格子を巧みに使って光を通す……などなど、先輩オーナーの家には、狭い家を快適に暮らすためのアイデアがたくさんつまっています。

こうしたアイデアをたくさん知ることが、ハウスメーカーとの打ち合わせに役立ちます。

2.失敗談を知っておく

窓をつけた位置が悪くて外から丸見え、収納が少ない、風の通りが悪い、そもそものデザインが悪い…など、たとえ先輩オーナーが話していなくても、事例写真などからも失敗したケースを知ることができます。失敗段を知っておけば、自分が二の轍を踏むこともないでしょう。

ここでは、特徴的な狭小住宅の事例を紹介しています。ぜひ参考になさってください。

 
狭小地に安心・こだわりの家を建てるためのサイト