キーワードは「価格」と「安心」!狭小地住宅を考える

HOME » 必読!狭小地に住宅を建てる時に大切な4つのこと » 強度について考える

強度について考える

ここでは、狭小地の住宅の強度について考えます。

狭小地で3階建てに耐えうる強度を

間口が狭く、敷地全体が狭い狭小地の住宅の多くは、3階建ての住宅となります。もともと住宅は、1階部分が大きく、上に行くに従って小さくなるような形が安定するのですが、狭小地で家を建てる場合は1階部分が狭いため、上をさらに小さくするわけにはいきません。斜線規制などがない限り、1階面積と同様の広さをそのまま3階まで確保した方が広く使えます。

 耐震性を考えたら鉄骨がおすすめ

家と地震のイラストこうした理由から、狭小地での家づくりに適している構造は、鉄骨といえます。

特に、重量鉄骨で建てるとたとえ3階建てでも強度の問題をクリアすることができます。鉄骨の建物は基本的にはビルと同じ構造ですから、地震でも倒れる危険性は減るので安心ですね。

また狭小地の住宅はできるだけ空間を広くとりたいものですが、木造の場合だと、ある程度の空間に対する柱がなければ強度が落ちてしまいます。鉄骨の方が、狭小地住宅に欠かせない大空間や吹き抜けに向いた構造と言えるでしょう。また、狭小地住宅では騒音などの問題もありますが、鉄骨の方が木造よりも防音効果もあります。

もちろん、今では木造でもかなり耐震性があるため、問題ないというケースもあります。また、建築する敷地によっては大きい機械が入りにくく、木造の方が建てやすいというケースもあります。費用面でも木造の方がメリットがあります。とはいえ、狭小地住宅メーカーの中には、強度や耐震性をそれほど重視していないケースもあります。

メーカーの仕様を見極めながら自分が建てたい敷地に合った構造を選び、きちんと強度のある住宅を建てるようにしましょう。

 
狭小地に安心・こだわりの家を建てるためのサイト